メニュー

2021年07月03日

推薦入試における小論文について

学校推薦型選抜・総合型選抜において、小論文は基礎的な学力をチェックするのはもちろんのこと、入学後の成長の可能性や適性の有無を見るためのものです。高校生はただでさえ時間がなく、小論文対策まで手が回らないことが多いので、効率良く対策をする必要があります。

小論文のタイプ
小論文の出題形式は大きく次の3つに分かれます。

①課題論述タイプ
ある課題が与えられ、それについて論述するものです。文系学部に多く見られます。

②文章(資料)読解論述タイプ
文章や資料が与えられ、その読み取りをもとに論述するものです。外国語学部や英語学科の場合、その文章が英文で出題されることもあります。国・公立大学の小論文に多いタイプです。

③教科横断型タイプ
志望学部・学科に関わるテーマが英語長文の形態で出題される。普通に下線部和訳などもありますが、設問の一部が「課題論述タイプ」または「資料読解論述タイプ」となっています。英文を訳し文意を踏まえたうえ、考察結果や自分の意見を日本語で論述させます。

平均的な試験時間・解答字数
国公立大学:90~120分/800字~1200字
私立大学:60~90分/400~800字


▽推薦入試対策は鷗州塾の「AIC総合・学校推薦ゼミ」が最適です!
講座名 内容
書類作成講座 【対象】「自分の伝えたいことをどのようにアピールすべきか」を基礎から学びたい生徒
【内容】分かりやすい文章を書く技術を基礎から学び、相手に正しく伝える力を養います。自己推薦書と志望理由書の違いを学び、それぞれの文書作成能力の向上を目指します。
小論文講座 【対象】実戦的な「小論文の型」を身につけたい生徒
【内容】講義および質疑応答を通して発想力を養いつつ、論理的に文章を構築する技術を基礎から学びます。小論文入試に必要な日本語表現力の向上を目指し、他の受験生と差をつけるための小論文作成能力を養います。

「AIC総合・学校推薦ゼミ」のここがポイント!
経験豊かなプロ講師が、生徒一人ひとりの特徴を把握して指導にあたります。
講師と生徒を繋ぐ役割を果たす、専任アドバイザーがいます。コンスタントに面談や相談に応じています。どんな悩みや疑問もぶつけてください。最後まで伴走して合格に導きます。
設置校舎・料金等はこちらをご確認ください。


*****************************


鷗州塾高校部については、詳しくはこちら

AIC総合・学校推薦ゼミについては、詳しくはこちら


資料請求はこちらから♪来校予約はこちらから♪



一覧へ戻る