メニュー

  • 三好 勇輔

    Yusuke Miyoshi

    学校とは一味違う日本史・世界史を 伝授します。

    日本史・世界史を担当。生粋の博多っ子。
    博多弁を駆使して、「何を」「どこまで」暗記すれば良いのか、「どのように」理解すれば良いのかを、110分の授業の中で伝授する“歴史職人”。
    「受験までの限られた時間内で、効率良く学べる」「歴史的思考力がいつの間にか定着している」との定評あり。
    歴史学の醍醐味である「タテ」と「ヨコ」のつながりが見えたときの快楽を、授業の中で共に味わいましょう!

  • 森本 高暢

    Takanobu Morimoto

    生物の楽しさを伝えます。

    一見複雑そうな生命現象を、噛み砕いて分かりやすく伝えることに定評がある。
    また、入試問題にも精通しており、受験生が覚えておくべきことをコンパクトにまとめた授業は必見(ただし、あまり絵はうまくない)。
    生物が嫌いな生徒や苦手な生徒が、受講するうちに、いつのまにか生物を得意科目としていることも多い。
    特徴的な声の持ち主で、「試験中に先生の声で答えが頭に浮かぶ」との噂も。

  • 藤田 威仁

    Takehito Fujita

    化学アレルギーを治します!

    高校時代には苦手であった化学を独学であっという間にマスターした経験をもとに、より多くの受験生に化学の面白さを伝えたいと思い、この職に就くことを決心。
    数多くの大学の入試問題に精通しており、常に独自の解法を磨いている。毒舌トークと独自の語呂合わせを駆使した授業は非常に分かりやすいと評判で、教え子の中には、偏差値40台から70台まで急激に成績を伸ばした生徒や、化学が好きになった結果、化学系の専攻に進学を決めた生徒も多い。

  • 藤井 篤康

    Tokuyasu Fujii

    受験のテクニックをすべて教えます!

    教学社「赤本」執筆者。
    大学では「分析化学」を専攻し、在学中より家庭教師として受験生を指導。
    授業では問題を徹底的に分析し、さまざまな問題に対応できる解法を指導する。
    化学が苦手な文系の生徒から難関大学を目指す理系の生徒まで、「納得できる」というまでとことん面倒を見ると評判。

  • 河村 賢

    Ken Kawamura

    効率良く合格する方法を教えます。

    京都大学理学部物理系卒業。大学時代はほとんど講義に出ず、下宿と落語研究会の部室でほとんどの時間をだらだら過ごすも、運良く4年で卒業。
    物理は高校時代にひたすら問題を解くことでマスターし、京都大学の二次試験でも余裕で完答。その経験をもとに鷗州ハイスクールの物理カリキュラムと教材の原型を構築。それらは年月を経てさらに熟成され、受講した生徒が入試で必要な知識を最も効率良く理解し、入試問題で合格ラインをクリアするためのベストメソッドとなっている。
    授業では、難問と呼ばれる問題であっても、解法に至る着眼点や必然さを示しながら、極めてシンプルな解法で解いていく。彼の授業を年間通して受講すれば、物理の得点力が大幅に向上することは間違いない。

  • 梶谷 太郎

    Taro Kajitani

    可能性を伸ばす闘いに挑め。

    教学社「赤本」執筆者。「赤本」の執筆は化学に限らず、小論文や総合問題に及び、マルチに活躍中。
    趣味は入試問題等の研究で、2012年京大入試で構造決定、2013年東大で粗銅の純度計算を的中させるなど、的中率の高い教材も評判。
    東大・京大・医学部など難関大学に現役合格した先輩たちもオススメだという授業は必見。
    好きなスポーツは、柔道(黒帯)・スノーボード。
    好きな音楽は、ローリングストーンズ、ガンズ・アンド・ローゼズ、椎名林檎、エルレガーデンとロック全般。

  • 岡野 彰廣

    Akihiro Okano

    受験の王道を行こう!

    教学社「赤本」執筆者。
    現在に至るまでに、中学・高校受験から大学受験指導まで幅広く活躍してきた。
    化学の入試問題に精通しており、膨大な情報量をコンパクトにまとめ上げるその授業には定評がある。「何が必要で何が必要でないのか」「どの分野をどれだけ演習すべきか」「着眼・発想から結論に至るまでのベストな過程」など、独学では難しいこれらのことを、テンポの良い授業で伝授する。

  • 森山 泰誉

    Yasushige Moriyama

    絶対合格へ、さらなる飛躍を!

    早稲田大学理工学部応用物理学科卒業。同大学院理工学研究科博士課程後期修了。
    専門は、生物物理学。その論文は世界的にも認められており、博士論文は井上研究奨励賞を受賞。
    大学時代に塾講師の職と出会い、“学問の伝道師”として教壇に立つことに大きな喜びを感じ、現在に至る。
    旺文社『全国大学入試問題正解』解答者、旺文社『物理事典』執筆者。
    だれもが納得する分かりやすい授業を、ぜひ体験してほしい。

  • 沼田 隆宏

    Takahiro Numata

    あきらめない強い心とたゆまぬ努力が 合格の秘訣です!!

    自身の大学受験での失敗と成功の経験を基に、「失敗しない大学受験」を伝授。
    授業では、高度なテクニックを多用するのではなく、生徒が最もスムーズに理解できる解説を心がけ、分かりやすさを追究。生徒が自分で解答を導き出せる答案作りを目指す。
    実年齢より随分若く見られるが、実は経験豊富なベテラン。その容姿と親しみやすい性格で、生徒からの相談も多く、授業以外でも頼られる存在。

  • 西川 和矢

    Kazuya Nishikawa

    一緒に君の夢をかなえよう!!

    大学入学と同時に塾講師のアルバイトを始め、指導することの面白さに目覚める。当時は数学・生物を担当し、大学の授業よりも塾での生徒指導に没頭。高1・高2はもちろん、多くの受験生を担当し、合格者を輩出した。
    鷗州ハイスクールでは、中3から高3までの数学を担当。
    生徒個人・クラスに合わせて、さまざまな解法で授業を展開する引き出しの多さが魅力。生徒の悩みを聞きながら、寄り添い、合格へと導く伴走者である。

  • 永沼 泰徳

    Yasunori Naganuma

    ベストな解法を伝授します!!!

    パワーと情熱あふれる熱血教師。
    大学在籍時から参考書執筆に参加し、大手予備校にて数学の教鞭を執る。途切れることなく湧き上がるエネルギーは、いつの間にか生徒のみならず教師をも巻き込み、周囲の人間の眠っている力を引き出していく。また、小学生から高校生まで指導経験を持つオールラウンドプレーヤーでもある。
    教え子たちからの信頼も厚く、勉強についての質問のため、また人生の良き相談相手として、生徒たちが絶え間なく取り巻いている。彼の受験テクニックと幅広い知識、そして熱意は、受験勉強に対する意識を根底から覆す!!

  • 永瀧 誠

    Makoto Nagataki

    数学の本質を教えます!!

    広島大学大学院理学研究科[数理分子生命理学専攻]博士課程後期修了。
    世の中の多くの現象が微分方程式で記述されることに興味を持ち、大学院では、偏微分方程式の解をコンピュータを使って解析。
    大手予備校で全国模試の作成や大学入試問題のチェックなどを担当していたこともあり、その経験を基に鷗州ハイスクールのテキストを作成。
    分かりやすく伝えることはもちろん、問題の本質を理解してもらうこと、そして1つの問題で多くの派生事項を伝えることで、密度の濃い授業を展開する。

  • 中平 翔太

    Shota Nakahira

    とにかくやってみよう!

    高校時より数学を独学で勉強し、各解法のコツや要点をマスターする。
    部活も全国レベルで活躍するなど、勉強との両立を実行。
    授業は、具体的な例・イメージを交えた解説が「非常に分かりやすい」「納得できた」等の声があがる。生徒からの信頼も厚く、塾生アンケートでは支持率100%を獲得。
    親しみやすさもあり、学校の定期試験中は生徒が質問するために予約を取りにくるほどである。

  • 得田 英和

    Hidekazu Tokuda

    自分でやり抜く力をつけよう!

    京都大学大学院理学研究科博士課程後期修了。
    大学では、生命現象を数学や物理学を用いて解明しようと研究に取り組んできた。そして、その研究が高く評価され、京都大学より博士(理学)の学位を授与されている。
    彼の授業を受けた生徒からは「問題解決の糸口を自分の力だけで探れるようになり、これまで解くことができなかった難問が解けるようになった」「数学が楽しくなった」という声が、非常に多く聞かれる。

  • 高松 奨

    Sho Takamatsu

    数学の力、伸ばします!!

    第一志望校現役合格に向けて、時期に合わせた妥協を許さない授業で、確実に力をつけていく。厳しいことを言いつつも、鷗州ハイスクールNo.1の親しみやすさで、絶大な人気を誇る。
    大学時代から数学を教えることに携わり、さまざまな経験を経て、自身もかつて通塾した鷗州ハイスクールに帰ってきた。
    見た目からは想像できないが、趣味は「料理」と意外な一面も。唐揚げが得意。自称、お店で出して売れるほどの美味しさとのこと。

  • 後藤 俊保

    Toshiyasu Goto

    数学に関わるすべての力を鍛えます!!

    大阪大学理学部数学科卒業。
    必要最低限の基本解法と標準的事項の理解から、「柔軟な発想力」「緻密な論証力」「精度の高い処理能力」まで、数学に関わるすべての力を鍛える授業を展開。
    単なる演習と解説の繰り返しではない、大学受験の枠を超えた「数学の本質」を学ぶことができるだろう。

  • 上野 一秀

    Kazuhide Ueno

    志望校合格への最短経路を進もう!

    三重県出身。大学受験では文系科目も含めてオールマイティで京都大学理学部に現役合格。ところが、在学中に科学より文学へ傾倒し、理学部卒業後に同大学文学部仏文学科に入学。
    再び理系に返り咲いてからは、魔術師のような怪しさで数学解法の探求に情熱を注ぎ、旺文社『全国大学入試問題正解』執筆委員を担当するまでに至る。
    毎年選抜クラスを担当し、有名大学合格者を数多く輩出。鷗州ハイスクールで最も数学を文学的に愛する人。その特異なスタイルの授業と性格に魅了される生徒は数多い。

  • 栗原 宏二

    Koji Kurihara

    一緒に頑張っていきましょう!!

    大学時代に数学科で「集合論」について学び多くの数学的解法をマスターする。
    現在の授業では、状況に応じたテクニカルな解法を駆使し、分かりやすく実戦的な解説で多くの受験生を合格に導いている。
    また、授業だけでなく、高校生が抱えるさまざまな悩みについても親身になって話を聞き、的確なアドバイスとエールを送り、多くの生徒の心を和ませている。

  • 松永 栄一

    Eiichi Matsunaga

    “英語なんてフィーリング”とは言わせない!!

    岡山大学大学院法学研究科修了。大学院では政治学・政治思想史を専攻。英語の文献に数多く当たるうちに、英語の「魔力」に取りつかれて今に至る。文法の公式化から英文解釈の文構造把握まで、すべて徹底した「理詰め」で解説し、受験で勝つ知識だけでなく、読み書きに必要な知識もくまなく伝授する。また哲学・政治経済・歴史・科学技術など、英文読解に必要な知識や語彙まで身につけられる授業を展開。
    最近とあるアニメの舞台となった香川県観音寺市出身。高校時代は吹奏楽部で、大学時代は弁論部と剣道部で自分をいじめ抜く日々を過ごす。
    ゆるい雰囲気できっちり成績を上げる授業がモットー。教学社「赤本」執筆者。

  • 能都 晋太郎

    Shintaro Noto

    難しいことにこそ遊び心を!

    一見おとなしそうに見えるが、教育に対して熱い心を持った九州人。
    大学のころから塾講師として働き、小学生から高校生までを指導していた経験がある。そんな幅広い経験に裏づけされた、ポイントをついた分かりやすい授業は必見。
    彼の授業を受けた生徒からは、いろいろな意味で笑みがこぼれる。
    また、生徒とのカウンセリングでも力を発揮。生徒との距離の近さは鷗州ハイスクールでも屈指のレベル。

  • 木谷 祐一郎

    Yuichiro Kitani

    本場の英語を体感してください!

    早稲田大学社会科学部卒業。
    その後、単身渡米し、University of Oregon(オレゴン大学)言語学部卒業。
    在米時代は、時間があれば、いろいろな国立公園を車で巡り、アメリカの壮大さを肌で感じる。留学時代に、日本の大学受験で習得した英文法をはじめとする英語の大切さを実感し、日本で大学を目指す学生に英語を指導することを決意。
    「日本で学習する大学受験英語は、将来どんな世界に行ったとしても、決して無駄にはならない。それどころか、絶対に役に立つ!」と断言する。
    鷗州ハイスクールでは癒し系担当(表向き)。
    授業の分かりやすさには定評がある。

  • 仮野 哲

    Satoshi Karino

    “考えることができる学生”になる お手伝いをします!

    立命館大学経済学部国際経済学科卒業。教師歴15年。
    受験生時代、英語の最高偏差値は記述模試で80を超える。
    「受験英語は暗記では対応できない」と豪語。
    英語構文を見抜く論理的思考力を養成する授業を展開し、「この文章のテーマは?」「筆者の主張はどこにあるのか?」など、感覚ではなく、英文読解の正しい規則に従って、正確に内容把握できる力を生徒に伝授する。

  • 金澤 剛

    Tsuyoshi Kanazawa

    新しい英語の世界を体験しよう!

    大学在学中は、英米語学を学ぶ傍ら、沢木耕太郎の『深夜特急』の影響を受け、バックパッカーとして、アジア各国を旅して回る日々を過ごすという経験を積み、その後塾講師となる。
    これまでに岡山・広島で中1から高3までのさまざまなクラスを担当し、多くの生徒を指導。
    学校で習う「英語」とは一味ちがう「受験英語」を通じ、「テクニック」だけでなく「思考力」を生徒たちに伝えている。

  • 諌山 尚登

    Naoto Isayama

    英語の考え方を 基礎の基礎から作り直します!

    高校時代を劣等生として過ごしたため、勉強が苦手な生徒の思考を熟知。
    そのため、英語嫌いの生徒や、英語で悩んでいる生徒からの「英語が分かるようになった!」「初めて英語が面白いと思った!」という声が後を絶たない。
    英語を「知る」→「理解する」→「使える」までを丁寧に解説する授業は、生徒から絶大な支持を集めている。

  • 黒谷 雅俊

    Masatoshi Kurodani

    譲れない志望大学への道を共に歩む パートナーに!

    高1から高3までの赤門会SSクラスや医進ゼミを担当。生徒からの支持は絶大で、1クラスの受講生が80名近くになることも。
    英文法・英文解釈・長文読解・英作文等、あらゆる分野で受験英語だけでなく大学以降も使える知識を提供している。
    中学英語で「暗記」とひとくくりにされている文法の仕組みや単語の成り立ちを論理的に説明しつつ、東大・京大などの難関大入試で求められる英語の”行間を読む”力や、その土台となる知識も伝授。さらに、効果的な解答方法までを丁寧に解説する。
    志望大学に甘い考えで挑む生徒にはめっぽう厳しいと評判。

もっと見る