2021年05月08日

お知らせ

【AIC総合・学校推薦ゼミ】上智大学 公募制推薦入試徹底解剖+個別相談会



AIC総合・学校推薦ゼミでは、高3生・既卒生とその保護者の方を対象に、上智大学公募制推薦入試の解説と個別相談会を実施します。
ぜひ親子でご参加ください。
ご予約はこちらから!

☆英語だけでなく日本語力も重要!上智大学公募制推薦の特徴とは?
☆英語系学部(国際教養学部・外国語学部英語学科など)と他学部との合格のポイントの違いって?

上智大学 入試ワンポイント!
上智大学公募制推薦入試の特徴
上智大学の公募制推薦入試は、全体の評定平均が4.0以上(学部によって英語や国語など個別の評定平均も必要)や、TOEFL iBT®テスト・英検®などの英語資格が出願の資格として必要になります。
英語が関わる学部では英検®準1級レベル以上の英語力が求められますが、ほとんどの学部では英検®2級レベルを取得することで出願ができるという特徴もあります。
出願書類として、1,000字程度の自己推薦書と学部によって4,000字程度の課題レポートを作成する必要があり、高度な日本語力と質の高い内容が求められます。また、当日の試験として英語のエッセイや日本語の小論文、その分野に特化した基礎力・思考力などが求められます。加えて、面接では提出した書類をもとに進められていくため、専門的な対策が必要になります。

AIC総合・学校推薦ゼミ4つの特長
①専門講師が行う専門授業
国語を専門としているだけでなく、さまざまな社会経験を持ち合わせた、書類作成・小論文対策専門のプロ講師のもとで、合格する書類と小論文の作成方法を学ぶことができます。鷗州塾だからこそ提供できる専門対策講座で、必ず志望校合格へと導きます。
②専門のアドバイザーによる進路カウンセリングと出願書類の添削・面接練習
過去に担当した生徒の8割以上が合格をつかみ取るなど、上智大学公募制推薦を専門とするアドバイザーが受験をサポートします。進路カウンセリング、書類添削・面接練習を無制限で行い、上智大学に合格するためのノウハウをすべてお伝えします。
③国際系大学に在籍する学生チューター(推薦入試経験者)による無料学習サポート
現在、国際系大学に在籍し、TOEFL iBT®テストで90点以上、英検1級を取得している学生が、無料で英語学習フォローや書類の作成方法などをアドバイスします。経験者だからこそ分かる生徒のや悩み生徒目線で解決します。
④上智大学在籍者による受験アドバイス
国際教養学部・外国語学部英語学科・総合グローバル学部など推薦入試経験者で、現在、上智大学に在籍をしている生徒が随時、受験生にオンラインまたは対面でアドバイスします。
上智大学在籍者からのコメント
推薦入試に挑む上で一番大切なポイントは余裕を持って早めに準備をすることです。秋に出願だから夏から対策をしたら良いという考えは、私がそうであったように、後になって自分の首を絞めることになります。
書類を作成する上でのネタ集め、それを実際に文章にする時間、そして当日の試験対策と、一見『楽』と思われる推薦入試ですが、一般入試とはまた違ったメンタル面での強さが必要になります。
自分を少しでも楽にさせられるのは地道に準備をしていくことです。限られた時間の中で、できる限りのサポートをしますので、一緒に頑張りましょう!




総合型選抜・学校推薦型選抜の受験をお考えの方は、ぜひご検討ください。

時間割・学費など「AIC総合・学校推薦ゼミ」の詳しいご案内はこちら

【New】『英語版書類作成講座』『夏から始める書類作成講座』『夏から始める小論文講座』についてはこちら

お問い合わせ・お申し込みはこちら

元のページへ戻る