北千里高校合格体験記

  • 北千里高校 合格
    豊津校
    豊津中 出身
    私は中3になる春休みに入塾しました。私は塾に入ったことで、学校の授業についていけるようになった、と感じています。塾では学校の授業よりも先の内容を勉強しており、学校で「分からない」と思うことが減りました。夏休みになると、私はたくさん塾に通うようになりました。中1・中2の復習講座では、塾に来ていなかったころにつまずいていたところが理解できるようになり、もっと頑張らなくてはと強く思いました。しかし、私の所属していた吹奏楽部は引退の時期が遅く、夏休みの間は勉強と部活の両立をしなくてはいけなかったので、とてもつらかったです。その分、そんな大変な時期を乗り越えることができたのは、自信につながりました。10月ごろには部活を引退し、志望校もはっきりと決まっていました。9月から始まっていた「大的中ゼミ」で、受験のための基礎知識や発展内容も学びました。年末が近づくとともに、受験勉強はさらに本格化していきました。そのころの模試の結果は少しずつ良くなってきてはいましたが、なかなかA判定が出ず、焦る気持ちがありました。そして、公立高校の受験の当日、私はとても緊張していました。私立高校の受験を経験したのに、それ以上の緊張がありました。特に、国語の試験時間には手が震えていたことを覚えています。とても頑張ったからこそ、合格できたことは本当にうれしかったです。

大阪府 中学部設置クラスはこちら 豊津校についてはこちら 前のページに戻る