倉敷青陵高校合格体験記

  • 倉敷青陵高校 合格
    倉敷校
    東陽中 出身
    私は、小6の時に鷗州塾の茶屋町校に入塾しました。中3の夏に自分と同じ目標を持った人たちと一緒に頑張りたいと思い、倉敷校の青陵SZクラスに移りました。青陵SZクラスでは、早いうちから過去問や入試問題演習に取り組むことができ、自分の力を伸ばすことができたと思います。中3になると学習内容も難しくなってきて、模試ではなかなか良い成績を取ることができずに悩んでいた時期もあり、不安も大きくなりました。そんな時、塾の先生が声をかけてくれ、その言葉に支えられて最後まで頑張ることができました。私は、吹奏楽部に所属していました。吹奏楽部は引退するのが遅く、その分周りよりも受験勉強を始めるのが遅くなってしまいました。引退してからは、遅くなった分を取り返すために塾の自習室を利用して、苦手科目の解き直しを何度もしました。そこから点数が少しずつ伸びていき、とてもうれしかったです。私には「青陵高校に必ず行く」という目標がありました。点数が伸びなかった時も、その目標があったからこそ、あきらめず最後まで頑張ることができました。入試の前には緊張から体調を崩すこともありましたが、当日には自分を信じて実力を出すことができました。合格発表で自分の番号を見つけた時は、今までで一番うれしかったです。高校生になっても、医療を学べる大学に進学するために努力を続けます。

岡山県 中学部設置クラスはこちら 倉敷校についてはこちら 前のページに戻る