AICメディカルアカデミー【公式】

お知らせ

共通テスト ボーダーラインはなぜ各社で異なるのか

こんにちは、

AIC鷗州グループの医学部専門予備校

AICメディカルアカデミーです

 

共通テストのリサーチ(自己採点結果)から

大学のボーダーラインや判定基準を各社が発表していますが、

各社の判断はかなり違っています。

受験生は、複数のリサーチに参加しているため、

評価の異なる結果が返ってくるとも少なくありません。

一体、どの数値を信用して出願すればいいのでしょうか。

今回は、各社によって異なるボーダーラインについて解説します。

 

〇河合、ベネッセ、東進のボーダーラインは大きく異なる

3社すべてがネット公開しているデータは判定基準のみなので、C判定基準を比較します。

 

例えば

広島大学医学部医学科の前期日程

河合塾 699点/900点

ベネッセ 725点/900点

東進   729点/900点

 

山口大学医学部医学科の前期日程

河合塾 684点/900点

ベネッセ 710点/900点

東進   721点/900点

 

 

多くの大学でボーダーラインは東進>ベネッセ>河合の順に高いです。

中四国の医学部では

この順番が入れかわっているところは、ほとんどありませんでした。

他学部についても、大多数でこの順番になります

河合塾と東進の差は判定基準が1つズレるくらい大きいです。

 

 

〇 ボーダーラインの差は合否追跡集団の差

C判定は合格率50%で、これはどこも同じです。

この算出方法が各社で異なるとは思えません。

では、この数値の違いはどこから来るのでしょうか。

 

3社の一番大きな違いは、それぞれが蓄積している合否追跡データではないかと考えます。

河合塾は既卒生の合否追跡データを他より多く所持している可能性があります。

それに比べるとベネッセや東進は現役生のデータに偏っているのではないでしょうか。

 

仮に合否追跡した集団が異なるとした場合ですが

 

集団の合格率50%ラインが高いということは、

その集団は共通テストの点が高くないと合格しにくい⇒2次試験での得点力が低い

 

母集団の合格率50%ラインが低いということは

その集団は共通テストの点が低くても合格しやすい⇒2次試験での得点力が高い

 

と言えそうではありませんか。

 

合否追跡した集団の2次試験の得点力の差が、

共通テストのボーダーの差を作っているのではないか

これはAICメディカルアカデミーの推測です。

 

 

〇医学部受験に最適なボーダーラインと模試

河合塾の全統模試と共通テストボーダーに信頼を寄せる医学部予備校が多いのは

預かっている受験生の2次試験得点力が高いからかもしれません。

AICメディカルアカデミーも、

出願校の相談や受験推奨校の提案には

全統記述模試偏差値と河合塾の共通テストボーダーのみを活用しています。

 

共通テストリサーチとボーダーラインの詳しい見方はこちらをどうぞ

共通テストリサーチとボーダーラインの見方 

 

~医学部受験をお考えの方へ~

医学部受験の塾は

「医学部受験のノウハウ」「医学部入試情報の充実」

「教師の豊富な指導経験」でお選びください。

AICメディカルアカデミーでは、

生徒それぞれの志望校・学力・特性に合わせた

個別カリキュラムの作成と学習計画の遂行のサポートで、

合格への最短ルートを最速で駆け上がります。

ぜひお問い合わせください。

 

資料請求はこちら

https://bnfb.f.msgs.jp/webapp/form/21295_bnfb_50/index.do

お問合せはこちら

https://bnfb.f.msgs.jp/webapp/form/21295_bnfb_52/index.do