AICメディカルアカデミー【公式】

お知らせ

模試の復習で気を付けたいこと

こんにちは、

AIC鷗州グループの医学部専門予備校AICメディカルアカデミーです。

 

 

5月になると、全国規模の模試がスタートします。

模試は復習が大事といろいろなところで発信されていますが、

その模試の復習にも注意すべき点があるのをご存じですか。

 

模試の成績が良かった人は、

多くの人が言うように間違った問題を理解し、解き直し、

次の模試以降で類題が得点できるようにしてください。

この時期の模試は判定より教材として使っていきましょう。

 

が、今の成績が芳しくなくて、

間違った問題が多く、しかもその1問1問の理解や記憶に

時間がかかって他の勉強が止まってしまう人は

自分にマッチングした教材を優先した方がいいです。

学年が上になると格差も大きいので、そうなりがちです。

現時点の学力が模試の想定範囲に到達していないと時間が無駄になります。

そういうときは、次のような工夫して模試の復習をうまく進めてください

 

◎間違った問題を分類する

A 解答者の自滅型の間違い。今すぐもう一度やっても正解できる可能性が高いもの。

B 理解や間違いの修正が短時間でできる。準備をしてからもう一度解けば正解にできる可能性が高いもの

C 理解に時間がかかる、あるいはその時間が見積もれない問題。

 

◎解けるようにできるまでの時間が少ない問題から解き直す

上の分類でいうとAはすぐに。できればBまでやり終えておきましょう。

 

◎難しい問題の復習は日を改める

上の分類でいうCは自分の今の勉強を進めてから再挑戦すべきです。

模試も教材です。それもかなり質のいい教材ですから、何度でも復習して解けるようにする価値はあります。

自分を成長させてから、取り組んだ方が時間短縮も効率向上もできます。

「模試の復習はなるべく早めに。問題を覚えているうちに」とよく言われます。

これは正論ですが、早めに取り組んでも出来ないものは糧になりません。

 

今は負担が大きい問題も

大学受験の試験日までに解けるようにすれば、合格できます。

問題に印をつけておいて、夏や秋にもう一度挑戦してみましょう。